藤本 淳吾(Jungo FUJIMOTO)
フルネーム 藤本 淳吾(フジモト ジュンゴ)
国籍 日本 藤本淳
出身地 神奈川県大和市
生年月日 1984・3・24
身長 173cm
体重 69kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2007・3・24
ペルー戦
代表背番号 17
W杯メンバー  
ニックネーム ジュンゴ
個人タイトル 06Jリーグ新人王
チームタイトル 11AFCアジアカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
05 清水エスパルス(特別指定選手) 35
06 清水エスパルス 10 28
07 清水エスパルス 10 34
08 清水エスパルス 10 18
09 清水エスパルス 10 27
10 清水エスパルス 10 32 13
11 名古屋グランパス 8 33
12 名古屋グランパス 8 33
13 名古屋グランパス 8 28
14 横浜F・マリノス 25 26
15 横浜F・マリノス 25 19
16 ガンバ大阪 25 13
17 ガンバ大阪 25    
広い視野を持ち、中央からのスルーパスやサイドからのクロスと攻撃にアクセントを加える司令塔。その左足は高精度を誇り、FKやバイタルエリアでのシュートと得点力も兼備しています。

神奈川県大和市生まれ。日本リーグで強豪の一角、日本鋼管(後のNKK)でFWだった父、貢壽の存在もあり、練習や試合を観るなどして幼少時代からサッカーに親しみます。
小学時代に横浜Mの下部組織マリノス・プライマリーに入団。大和市に引っ越すものの、横浜にこだわり続けました。中学2年時にユースへの昇格ができなくなったことを知らされサッカーから離れた時期もありましたが、父親がコーチを務める横浜栄FCで練習を再開しました。
桐光学園では高校選手権に出場できませんでしたが、3年時にインターハイでベスト8に進みました。川崎Fからオファーが来たものの固辞して筑波大へ進学し、レギュラーとして1,2年の大学選手権を制します。3年時には関東大学リーグで優勝し、ベストイレブンになりました。
4年間コンスタントに結果を残し、大学選抜に4年連続で選出されるなど大きな飛躍を遂げます。2005年に清水の特別指定選手となり、ナビスコ杯で1試合プレーしました。
2006年に正式に清水に入団し、引退した「ミスター・エスパルス」澤登の背番号10を受け継ぎます。3月5日甲府戦でプロデビューし、2試合目の名古屋戦で初得点を挙げる順調な滑り出しを見せます。終盤の2試合で5得点、11月23日川崎F戦でハットトリックを挙げました。リーグで28試合8得点の結果を残し、天皇杯でも3試合3得点の活躍で新人王になりました。
2年目も34試合7得点と結果を残しましたが、3年目の第19節大宮戦でタックルにより、左足じん帯損傷に腓骨骨折という大ケガを負いました。しかし10シーズンに右WGとして13得点10アシストと自己最高の成績を残し、ナビスコ杯はベスト4、天皇杯は準優勝になりました。
11シーズンにリーグ王者の名古屋へ引き抜かれます。ACLでは7試合で3得点を挙げると、リーグでもケネディや玉田といった面々と共にチームを浮上させました。12シーズンはリーグ、ACL、ナビスコ杯でそれぞれ2点ずつ取りましたが、タイトルにはつながりませんでした。13シーズンは鳥栖や横浜FM相手に決勝弾を挙げましたが、無冠に終わりました。
14シーズンに横浜FMへ移籍し、中村俊の25番を受け継ぎます。しかしタイトル獲得はならず、16シーズンにプロ入り当時の長谷川監督率いるG大阪に移っています。

U−16以降代表に選出され、3試合プレーしたU−17世界選手権を経てトルコでのユニバーシアードに出場。6得点で得点王となりチームを優勝に導き、大会MVPに選ばれました。
2007年3月24日ペルー戦でデビューを果たします。2011年アジア杯ではバックアッパーとしてオーストラリアとの決勝など2試合に出場しました。
2014年W杯予選は2試合に出場しています。
代表記録

2011年10月11日:新規アップ 2016年12月23日更新