フェリペ・アンデルソン(FELIPE ANDERSON)
フルネーム フェリペ・アンデルソン・ペレイラ・ゴメス
国籍 ブラジル  
出身地 サンタ・マリア
生年月日 1993・4・15
身長 175cm
体重 69kg
利き足
ポジション MF(LMF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2015・6・7
メキシコ戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム FA7
個人タイトル  
チームタイトル 10ブラジルカップ
16リオデジャネイロオリンピック金メダル
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10 サントス
11 サントス 17 18
12 サントス 17 35
13 サントス 17
13/14 ラツィオ(イタリア) 7 13
14/15 ラツィオ(イタリア) 7 32 10
15/16 ラツィオ(イタリア) 10 35
16/17 ラツィオ(イタリア) 10 36
17/18 ラツィオ(イタリア) 10    
両足を巧みに使い分け、意外性と創造性あふれるドリブル、パスで敵の守備網を切り崩します。テクニシャンでありながら献身性も兼備するブラジル代表のサイドアタッカーです。

6歳の時に地元クラブに入団し、フェデラル、ガミーニャ、アストラル、コリティーバを経て2007年にサントスの下部組織に入ります。17歳で迎えた10シーズンにプロのキャリアを始め、10月6日フルミネンセ戦でリーグデビュー、翌シーズンのアヴァイ戦で初得点を挙げました。
ガンソの離脱もあり主力になって元仙台のボルジェスやネイマールと前線を組み、3年目はグレミオ戦で1試合2得点を決めるなど35試合で6得点をマークしました。
13/14シーズンにラツィオと5年契約を交わし、10月6日フィオレンティーナ戦でセリエAにデビュー。ヨーロッパリーグで4試合戦いL・ワルシャワ戦で初得点を挙げます。
2年目からリーグ戦でも本領を発揮、インテルやトリノ相手に1試合2得点し、サンプドリア戦、ローマダービー、サッスオーロ戦では得点とアシストをマーク。試合を決定づけるキーマンとしてカンドレーヴァ、パローロ、クローゼと共に2ケタ得点、さらに7アシストを達成してチームを3位に導きました。カップ戦は決勝に進みますが、ユヴェントスに敗れました。
マンチェスター・U加入が取りざたされた末に残留した3年目は10番に変更し、トリノ戦で1試合2得点を挙げるなど7得点4アシストと数字的にはまずまずでしたが、前年ほどのインパクトを残せませんでした。チャンピオンズ・リーグはレヴァークーゼンの前に本戦に進めず、ヨーロッパリーグも7試合2得点でベスト16で終わりました。4年目はジェノアやインテル戦など4得点9アシストし、インモービレやケイタとの3トップでヨーロッパリーグ出場権を獲得しました。

2013年のU−20南米ユース選手権は3試合戦い、ベネズエラ戦で決勝点となるPKを決めました。2016年リオ五輪は4試合に出場し、母国初の金メダル獲得に貢献しました。
フル代表デビューは2015年6月7日メキシコ戦となっています。
代表記録

2016年7月31日:新規アップ 2017年7月13日更新