パトリス・エヴラ(Patrice EVRA)
フルネーム パトリス・エヴラ
国籍 フランス
出身地
生年月日 1981・5・15
身長 175cm
体重 76kg
利き足
ポジション DF(LSB)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ 代表
代表デビュー 2004・8・18
ボスニア・H戦
代表背番号 3 13
W杯メンバー 10年 14年
ニックネーム  
個人タイトル 03/04リーグアン年間最優秀若手選手
03/04リーグアンベストイレブン
06/07,08/09,09/10プレミアリーグベストイレブン(PFA)
09FIFA/FIFProベストイレブン
チームタイトル 05/06,08/09,09/10イングランドリーグ・カップ
06/07~08/09,10/11,12/13プレミアリーグ
07/08UEFAチャンピオンズ・リーグ
08FIFAクラブワールドカップ
14/15,15/16セリエA
14/15,15/16コッパ・イタリア
所属クラブおよび背番号 出場 得点
98/99 マルサラ・カルチョ(イタリア3部) 24
99/00 モンツァ(イタリア2部)
00/01 ニースB(4部) 18
00/01 ニース(2部)
01/02 ニース(2部) 35
02/03 モナコ 3 36
03/04 モナコ 3 33
04/05 モナコ 3 36
05/06 モナコ 3 15
05/06 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 11
06/07 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 24
07/08 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 33
08/09 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 28
09/10 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 38
10/11 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 35
11/12 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 37
12/13 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 34
13/14 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3 33
14/15 ユヴェントス(イタリア) 33 21
15/16 ユヴェントス(イタリア) 33 26
16/17 ユヴェントス(イタリア) 33
16/17 マルセイユ 21 11
17/18 マルセイユ 21    
スピードとスタミナを兼備した攻撃志向の強い左SB。中盤との連係で一気に前線へ攻めてクロスを供給します。フィジカルも強く、デシャンいわく「リザラズをほうふつとさせる」選手です。

同国代表MFヴィエラと同じくセネガルのダカールに生まれます。親が外交官だったため3歳の時にフランスのパリに移住、6歳の時にはベルギーのブリュッセルに引っ越すなどしていましたが、フランスのレス・ウリスという都市で育ちます。当初はFWとしてプレーしていました。
1997年、16歳の時にPSGの下部組織に入団しますが、間もなくイタリアへ渡って実戦感覚を磨きます。ここで結果を残してセリエBモンツァへ移籍し、A昇格も経験しました。
そして母国2部のニースへ加入。34試合1得点と結果を出して2部リーグの最優秀左SBにも選ばれ、チームも1部昇格を果たします。02/03シーズンに強豪モナコへの移籍を果たし、8月3日トロワ戦でフランスリーグデビュー。デシャン監督によりレギュラーとして起用され、左サイドでロテンと連携を深め攻撃を活性化させてチームを2位に押し上げます。さらにクラブ初のリーグ杯も獲得し、主将を任されるなどチームの中心的存在となりました。
03/04シーズンはチャンピオンズ・リーグで13試合に先発出場、準々決勝でR・マドリー、準決勝でチェルシーを破るなど決勝進出を果たしますが、モウリーニョ監督率いるポルトに敗れます。チームはその後下降気味になり、デシャン監督もシーズン途中で退任しました。しかし好調の自身は05/06シーズン途中でマンチェスター・U入りが決まり、2006年1月14日のマンチェスターダービーにおいてプレミアデビュー。翌シーズンのエヴァートン戦でプレミア初ゴールをマークし、チャンピオンズ・リーグでもローマ戦でシーズン2点目を取りました。
やがてアルゼンチン代表エインセらとのポジション争いを制し、レギュラーとして活躍。PFAによるベストイレブンに選出されるなど、リーグ屈指のSBとしての地位を確立させました。
07/08シーズンのチャンピオンズ・リーグでは10試合に先発し、決勝では同国のチェルシーを下しましたが、翌年には同じ舞台でバルセロナの軍門に下りました。その後2年連続でリーグベストイレブンになり、ヴィディッチ欠場時に腕章を巻くなどチームでの重要度を高めます。10/11シーズンの11月20日ウィガン戦では、久々にゴールを決めています。12/13シーズンはセットプレーからの巧みなヘッドなどで自己最多の4ゴールを挙げ、2年ぶりのリーグ優勝を果たしました。
14/15シーズンにユヴェントスと2年契約を交わし、9月13日ウディネーゼ戦でセリエAにデビューします。アサモアのケガもあり、左サイドで21試合に出て国内2冠になりました。チャンピオンズ・リーグでも10試合に出場して準優勝になりました。2年目はローマとの2戦目でレッドを受けますが、復帰後は2得点3アシストと結果を残して国内タイトルを防衛しました。
16/17シーズン途中に母国リーグに復帰しています。

U-21を経て2004年8月18日ボスニア・H戦でフル代表デビューしますが、リザラズやアビダルの存在があり、2006年W杯や2008年欧州選手権予選での招集は多くありませんでした。しかし欧州選手権本大会では、グループリーグ3試合のうち2試合にフル出場しました。
2010年W杯予選は10試合に出場します。主将として臨んだ本大会でしたが、ドメネク監督との間に確執があり、練習をボイコットしてチーム内紛の火種となりました。
2012年欧州選手権予選では中盤以降5試合に出場。本戦では初戦のみ出場し、その後はクリシの存在によりベンチを温めました。
2014年W杯予選は8試合出場。スペインと1勝1分に終わると、プレーオフでウクライナを逆転で下して2大会出場を決めます。モナコで師事したデシャン監督からの信頼は変わらず、本大会でもグループリーグ突破を決めた後のエクアドル戦以外4試合に先発しました。
2016年欧州選手権は全7試合に出場ますが、地元での優勝はなりませんでした。
代表記録

※:ダカール(セネガル)
2008年3月4日:新規アップ 2017年7月26日更新