遠藤 航(Wataru ENDO)
フルネーム 遠藤 航(エンドウ ワタル)
国籍 日本  
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1993・2・9
身長 178cm
体重 75kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK PK
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2015・8・2
北朝鮮戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム ワタル
個人タイトル  
チームタイトル 16AFCU−23選手権
16セカンドステージ
16ルヴァンカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10 湘南ベルマーレ 33
11 湘南ベルマーレ(J2) 26 34
12 湘南ベルマーレ(J2) 3 32
13 湘南ベルマーレ 3 17
14 湘南ベルマーレ(J2) 3 38
15 湘南ベルマーレ 3 31
16 浦和レッズ 6 27
17 浦和レッズ 6    
CBと守備的MFをそつなくこなす頭脳、身長の低さを補える跳躍力、正確なキックに加え、どのチームでもリーダーを託される求心力の強さが持ち味です。

横浜市戸塚区生まれ。小学1年でサッカーを始めた当初はストライカーでした。地元の横浜FMジュニアユースを受験しますが、不合格となりました。
地元の南戸塚中はゲームもまともにできないなど環境が整っていませんでした。しかし指導者には恵まれ、パス回しや足技など限られた条件の中で練習の効率を高めました。
3年の時にCBにコンバートされてキャプテンに就任し、湘南U−18の練習に参加します。そしてトップチームのチョウ・キジェ監督から実力を認められ高校卒業後に入団します。
9月18日川崎F戦でJ1デビューし、新潟戦で一矢報いる初得点を挙げました。チームはJ2に降格しますが、自身は副キャプテンに就任して34試合と一気に主軸となります。12シーズンは町田戦で2得点を挙げるなど7得点を挙げてJ1復帰に貢献しました。
2年ぶりのJ1では開幕前に負傷、戦列復帰が7月と出遅れますが、川崎F、浦和、鹿島と上位からゴールを挙げました。再びJ2に落ちた14シーズンは3試合連続ゴールを挙げて1年でJ1に戻りました。15シーズンは開幕から浦和と鹿島に2試合連続でPKを決めました。
翌シーズンに浦和へ移籍し、槙野、森脇と3バックを組みます。ルヴァン杯と2ndステージを制したものの、リーグではチャンピオンシップで3位の鹿島に敗れました。

U−16から代表でプレーし、2度のU−19アジア選手権に出場。2014年アジア大会も4試合に出場します。2016年のU−23選手権では優勝してリオ五輪出場権を獲得。翌年の本大会では3試合に出ますが、守備が崩壊してグループリーグで敗退しました。
2015年8月2日、東アジア杯北朝鮮戦でフル代表デビューして3試合プレーしています。
代表記録

2016年8月5日:新規アップ 2016年12月13日更新