バラーシュ・ヂュヂャーク(Balazs DZSUDZSAK)
フルネーム バラーシュ・ヂュヂャーク
国籍 ハンガリー
出身地 ニールルゴシュ
生年月日 1986・12・23
身長 179cm
体重 72kg
利き足
ポジション FW(LWG)
FK PK FK PK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2007・6・2
ギリシャ戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 07,10ハンガリー年間最優秀選手
10,11エールディヴィジ年間最優秀選手
チームタイトル 04/05〜06/07ハンガリーリーグ
07/08エールディヴィジ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 デブレツェニ
05/06 デブレツェニ 19 10
06/07 デブレツェニ 19 23
07/08 デブレツェニ 19 13
07/08 PSV(オランダ) 22 17
08/09 PSV(オランダ) 22 32 11
09/10 PSV(オランダ) 22 32 14
10/11 PSV(オランダ) 22 33 16
11/12 アンジ(ロシア) 22
11/12 ディナモ・モスクワ(ロシア) 7
12/13 ディナモ・モスクワ(ロシア) 7 27
13/14 ディナモ・モスクワ(ロシア) 7 23
14/15 ディナモ・モスクワ(ロシア) 7 29
15/16 ブルサスポル(トルコ) 7 23
16/17 ブルサスポル(トルコ) 7    
速さとうまさを兼ね備え、鋭いドリブルでサイドを突破してからの正確なクロスでチャンスを演出します。自らもミドルなど高い得点能力を誇るハンガリーのウインガーです。

04/05シーズンにデブレツェニと契約しますが、当初は出番がなかったため3部リーグへ貸し出されます。復帰後に本格的にプレーを始め、2年目にUEFA杯にデビュー。3年目に23試合7得点でリーグ3連覇に貢献したことにより、年間最優秀選手に選出されました。
07/08シーズン途中にPSVと5年契約を交わします。夏に合流する予定でしたが同クラブのデンマーク代表アタッカー、ペレスの助言により冬に加入します。
2008年1月12日フェイエノールト戦でオランダリーグにデビューし、続く本田圭擁するVVV相手に初得点を挙げて試合を引き分けに持ち込みます。その後アヤックスからも得点を決めるなど、リーグ制覇に貢献します。UEFA杯では5試合プレーしますが無得点に終わりました。
2年目より先発メンバーに名を連ね、アフェライらと共に攻撃をけん引、本拠デンハーグ戦でハットトリックを達成するなど11得点9アシストの成績を残します。しかしチャンピオンズ・リーグでは思うようなチャンスを得られずノーインパクトに終わりました。
3年目もアヤックスとの両試合で3得点を挙げるなど14得点、ヨーロッパリーグでは8試合2得点。4年目もフェイエノールト、ユトレヒト、AZ相手の1試合2得点など自己最高の成績を残し、ヨーロッパリーグでも12試合4得点3アシストでベスト8に進出しました。
11/12シーズンにアンジへ移籍し、8月14日S・モスクワ戦でリーグデビュー。エトーやジルコフ、R・カルロスとの攻撃でリーグ制覇に挑みます。当初は環境に馴染めずケガに悩みオランダ時代の輝きはなりを潜め、D・モスクワ移籍直後も苦境が続きました。しかし2年目は元ドイツ代表クラニイらと攻撃陣を形成、L・モスクワ、C・モスクワ戦で得点を挙げました。4年目もモスクワ勢から3得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも9試合に出て16強になりました。
15/16シーズンにトルコへ渡り、8月23日ガジアンテプスポル戦で1部デビュー。スロヴァキア代表ストフ、チェコ代表ネチド、細貝などとのチームで11位で終えています。

2007年6月2日ギリシャ戦で代表デビュー。2008年欧州選手権予選は5試合、2010年W杯予選は9試合に出場しますが、いずれも無得点に終わってチームも敗退しました。
2012年欧州選手権予選は8試合2得点8アシストしますが敗退。2014年W杯予選も9試合でオランダの両試合など5得点と健闘しますが、本戦には進めませんでした。
2016年欧州選手権予選では、主将としてチーム最多の12試合に出て母国44年ぶりの本戦出場に貢献。そして4試合に出てポルトガル戦で2得点を挙げました。
代表記録

2011年11月23日:新規アップ 2016年7月3日更新