カルロス・ディオゴ(Carlos DIOGO)
フルネーム カルロス・ディオゴ
国籍 ウルグアイ  
出身地 モンテビデオ
生年月日 1983・7・18
身長 185cm
体重 79kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2003・3・28
日本戦
代表背番号 17
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99/00 リーベル・プレート・モンテビデオ
00/01 リーベル・プレート・モンテビデオ 15
01/02 リーベル・プレート・モンテビデオ 25
02/03 リーベル・プレート・モンテビデオ 32
03/04 ペニャロール 23 28
04/05 リーベル・プレート(アルゼンチン) 21 10
05/06 レアル・マドリー(スペイン) 21 13
06/07 サラゴサ(スペイン) 2 30
07/08 サラゴサ(スペイン) 2 29
08/09 サラゴサ(スペイン2部) 2
09/10 サラゴサ(スペイン) 2 15
10/11 サラゴサ(スペイン) 2 33
11/12 CSKAソフィア(ブルガリア)
12/13 ウエスカ(スペイン2部) 18 27
13/14 ヘント(ベルギー) 18 13
14/15 サラゴサ(スペイン2部) 2
15/16    
16/17     
優れた身体能力と運動量、激しいコンタクトもいとわない勇敢さを持ち合わせた右SB。複数の位置で機能しますが、好不調の波が激しくプレーの安定感向上が課題です。

パルメイラスやウルグアイ代表でDFとして活躍したヴィクトル・ディオゴを父に持ち、幼少期からプロを目指します。14歳でリーベル・プレート・モンテビデオの下部組織に入り、17歳でトップリーグデビューを果たしました。4シーズンプレーした後、父がかつてプレーしたペニャロールへ移籍してレギュラーとしてプレー。リベルタドーレス杯出場をかけたデフェンソールとのプレーオフ決勝2ndレグで同点ゴールを挙げ、出場権の獲得に貢献しました。
そしてウルグアイの英雄フランチェスコリに推薦され、アルゼンチンの名門リーベルに移ります。リベルタドーレス杯では10試合に出場しましたが、準決勝でサントスに敗れました。
そして05/06シーズンにR・マドリーに入団します。9月25日第5節のアラベス戦でリーガデビューしました。M・サルガドのバックアッパーと目されていたものの、自身より後に加入したS・ラモスやシシーニョと競争が激化しました。出場機会を求め、06/07シーズンにサラゴサへレンタル移籍してレギュラーとなり、チームの躍進に貢献しました。
そして完全移籍となり主力となりますが2部に降格、そのシーズンはヒザのケガによる手術とリハビリで全休します。翌シーズンの12月12日ビルバオ戦での復帰を自らゴールで祝い、翌10/11シーズンは33試合に先発しましたが、2部降格となりました。
その後C・ソフィアに入りますが、わずか2週間でクラブとの契約を解除します。コンスタントにプレーしたスペイン2部ウエスカでは、3部降格となりました。
ヘントでは2013年7月27日ベヴェレン戦でベルギーリーグデビュー。2試合連続ゴールを決めますが、シーズン半ばで放出されてサラゴサに復帰しました。
しかしわずか1年で終わり、フリーとなっています。

早くから将来を嘱望され、U−20、U−23などの召集を受けましたが、ユース選手権や五輪といったメジャーな大会の出場はなりませんでした。
2003年3月28日の日本戦にフル代表デビュー。翌年のコパ・アメリカでは3位に入りました。2006年W杯予選では終盤に召集されて9試合、オーストラリアとのプレーオフも両試合に出場しましたがPK戦で敗れ、初出場はなりませんでした。
代表記録

2007年3月4日:新規アップ 2016年6月13日更新