スティーヴン・デイヴィス(Steven DAVIS)
フルネーム スティーヴン・デイヴィス
国籍 北アイルランド  
出身地 バリミーナ
生年月日 1985・1・1
身長 173cm
体重 70kg
利き足
ポジション MF(CMF)
FK PK PK
キャプテン経験 クラブ 代表
代表デビュー 2005・2・9
カナダ戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル 10スコットランド年間最優秀選手(SPFA)
チームタイトル 07/08,08/09スコットランドカップ
07/08,09/10,10/11スコットランドリーグ・カップ
08/09〜10/11スコットランドリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 アストン・ヴィラ(イングランド) 24 28
05/06 アストン・ヴィラ(イングランド) 12 35
06/07 アストン・ヴィラ(イングランド) 12 28
07/08 フルハム(イングランド) 10 22
07/08 レンジャーズ(スコットランド) 12 12
08/09 レンジャーズ(スコットランド) 35 34
09/10 レンジャーズ(スコットランド) 7 36
10/11 レンジャーズ(スコットランド) 7 37
11/12 レンジャーズ(スコットランド) 7 33
12/13 サウサンプトン(イングランド) 8 32
13/14 サウサンプトン(イングランド) 8 34
14/15 サウサンプトン(イングランド) 8 35
15/16 サウサンプトン(イングランド) 8 34
16/17 サウサンプトン(イングランド) 8 32
17/18 サウサンプトン(イングランド) 8    
正確なパスで数多くの決定機を演出する北アイルランド代表のプレーメーカー。正確なミドルに敏捷性、スタミナ、強靭なメンタリティも長所です。

2002年にアストン・ヴィラの下部組織に入り、FAユース杯で優勝するなど実績を残して04/05シーズンにトップに昇格、9月18日ノーリッジ戦でプレミアデビューします。
当面はペルー代表ソラーノなどのバックアッパーでしたが、中盤戦以降はスタメンの機会も増え、サウサンプトンとのアウェー戦で初得点を挙げ、チームを勝利に導きました。
2年目からは主力となり、リーグで4点、2つのカップ戦でもそれぞれ2点と好成績を残し、サポーター選出によるクラブの年間最優秀若手選手と年間最優秀選手に輝きました。
07/08シーズンにフルハムへ背番号10で迎えられ22試合に出場しますが、途中でレンジャーズにレンタルされます。2月24日グレトナとのリーグデビュー戦でアシストして好スタートを切ります。リーグこそ逸するも国内カップ2冠を達成して面目を保つと、UEFA杯でも9試合戦いブレーメン戦でシーズン唯一の得点を決めるなどチームの準優勝に貢献しました。
そして完全移籍となり、2年目はダービー2試合で1得点1アシスト、3年目はリーグで14アシスト、4年目はリーグでの7アシストにリーグ杯決勝セルティック戦での得点と、少年時代に応援していたクラブが国内の覇権を強めるリーグ3連覇に欠かせない成績を残します。最終年もダービー2戦4アシストなど13アシストと素晴らしいパフォーマンスを披露しました。
12/13シーズンにサウサンプトンと3年契約を交わし、シュネイデルランやケニア代表ワニャマと中盤を組みます。また、マンチェスター・Cの両試合で点を取り、チェルシー戦で先制アシストします。2年目もマンチェスター勢から2アシストし、4年目もチェルシーやトッテナムなど5得点を挙げてヨーロッパリーグ出場権を獲得するなど攻撃力も発揮しました。

2005年2月9日のカナダ戦で代表デビュー。翌年に史上最年少となる21歳5ヶ月でキャプテンとなり、2006年W杯戦は6試合戦いウェールズ戦で点を取りますが、敗退しました。
2010年W杯予選は、サンマリノとのホームゲームで得点を挙げるなど8試合プレーしますが、突破はなりませんでした。2012年欧州選手権予選で8試合2得点し、2014年W杯予選で10試合1得点とコンスタントな活躍も実りませんでした。
9試合に出た2016年欧州選手権予選はギリシャから2点を挙げます。本大会も全4試合ピッチに立ち、初出場ながら決勝トーナメントに進出しました。
代表記録

2016年6月28日:新規アップ 2017年6月4日更新