ウラディミール・ダリダ(Vladimir DARIDA)
フルネーム ウラディミール・ダリダ
国籍 チェコ  
出身地 ソコロフ
生年月日 1990・8・8
身長 171cm
体重 64kg
利き足
ポジション MF(CMF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2012・5・26
イスラエル戦
代表背番号 22
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 12/13チェコリーグ
09/10チェコカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
09/10 ヴィクトリア 16
10/11 ヴィクトリア 16
10/11 バニク・ソコロフ(2部) 14 13
11/12 ヴィクトリア 16 22
12/13 ヴィクトリア 16 29
13/14 ヴィクトリア 16
13/14 フライブルク(ドイツ) 7 23
14/15 フライブルク(ドイツ) 7 31
15/16 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 6 31
16/17 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 6    
創造力にあふれ、決定機につながるパスを幾度となく送り込みます。相手GKの虚をつくミドルや巧みなドリブルも備えるチェコのプレーメーカーです。

ヴィクトリアの下部組織で才能を磨いたダリダは、09/10シーズンの4月24日C・ブデヨヴィチェ戦で1部デビューします。しかし出場機会が皆無に等しく2年目の途中に2部B・ソコロフへレンタル移籍します。ここで13試合5得点と実績を残してヴィクトリアに復帰します。
以降元神戸のホルヴァーツらと共に主力となり、C・ブデヨヴィチェ戦は2年連続で2得点を挙げるなどリーグ優勝を達成しました。チャンピオンズ・リーグではバルサとミランになすすべがありませんでしたが、ヨーロッパリーグではシャルケ戦で得点を挙げました。翌シーズンは13試合に先発し、ナポリ戦で得点を挙げて2戦で5−0と前評判を覆します。フェネルバフチェ戦は2ndレグの得点も及ばず敗退しますが、ベスト16と望外の成績を残しました。
13/14シーズン途中でH・ベルリンへ移籍します。10月27日ハンブルガー戦でブンデスリーガにデビューし、続くニュルンベルク戦で初得点をマークします。3月以降は2得点6アシストと出色の働きでチームの1部残留に貢献しました。2年目はホッフェンハイム戦で一発レッドとなりますが、PKキッカーを任されるなど(5得点)レギュラーとして活躍します。しかし最終節ハノーファー戦で黒星を喫して14位から一気に17位になって降格しました。
これに伴いH・ベルリンへ移籍、フランクフルト戦で同点弾を挙げるなど、カルー、イビシェヴィッチ、原口らと攻撃陣を形成してチームを上位に導いています。

2011年のU−21欧州選手権では4試合で2点をマーク。2012年5月26日イスラエル戦でフル代表デビューし、欧州選手権では準々決勝ポルトガル戦で出場機会を得ました。2014年W杯予選は7試合に出場しましたが、本大会は逸しました。
2016年欧州選手権予選は10試合に出場してラトビア戦で得点を決めて出場権を獲得します。本大会では3試合に出場しますが、決定的な仕事ができず敗退しました。
代表記録

2016年6月24日:新規アップ