シシーニョ(CICINHO)
フルネーム シセロ・ジョアン・デ・セザーレ
国籍 ブラジル
出身地 プラドポリス
生年月日 1980・6・24
身長 171cm
体重 68kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK FK
キャプテン経験  
代表デビュー 2005・4・27
グアテマラ戦
代表背番号 2 13
W杯メンバー 06年
ニックネーム  
個人タイトル 05ボーラ・ジ・プレッタ(プラカール誌)
チームタイトル 05サンパウロ州選手権
05コパ・リベルタドーレス
05FIFAコンフェデレーションズ・カップ
05FIFAクラブワールドカップ
06/07リーガ・エスパニョーラ
07/08コッパ・イタリア
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99 ボタフォゴ
00 ボタフォゴ
01 アトレティコ・ミネイロ 17
02 アトレティコ・ミネイロ
03 アトレティコ・ミネイロ 38
04 サンパウロ 2 43
05 サンパウロ 2 26
05/06 レアル・マドリー(スペイン) 11 18
06/07 レアル・マドリー(スペイン) 11
07/08 ローマ(イタリア) 3 30
08/09 ローマ(イタリア) 3 22
09/10 ローマ(イタリア) 2
10 サンパウロ 23
10/11 ローマ(イタリア) 2
10/11 ビジャレアル(スペイン) 24
11/12 ローマ(イタリア) 2
12 スポルチ・レシフェ 12 24
13 スポルチ・レシフェ(2部) 12    
13/14 シワススポル(トルコ) 2 31
14/15 シワススポル(トルコ) 2 32
15/16 シワススポル(トルコ) 2 27
16/17 シワススポル(トルコ) 2    
豊富なスタミナと俊足で右サイドを献身的に上下動し、高精度の右足と素早いドリブルで相手にスキがあれば積極的にゴールを狙う攻撃的な右SBです。

サンパウロ郊外のブラドポリスに5人兄弟の末っ子として生まれます。6歳のころに地元のバス会社が運営していたクラブに入ってサッカーを始めます。13歳で黄金の中盤ソクラテスを排出したボタフォゴの下部組織に入り、19歳になりプロのキャリアがスタートしました。もともと前線でプレーしていましたが、その後はポジションを下げてSBとしてレギュラーを獲得しました。
A・ミネイロに移籍してからケガなどの苦労が絶えず、自暴自棄になり私生活が荒れた時期もありましたが、サッカーに専念してからはSBとしての資質が徐々に開花し始めました。
2004年に欧州のチームが関心を示していましたが、国内屈指の名門サンパウロへ移籍します。以後はDFながら大事な場面でゴールを決めるなど勝負強さも発揮。2005年5月18日のリベルタドーレスでは通算4ゴールを挙げます。中でも準々決勝第1戦で決勝ゴール、さらに第2戦でもリベルタドーレス杯通算1万ゴールのメモリアルとなるダメ押しゴールを挙げました。
夏の移籍市場でR・マドリーと移籍金約5億5千万円、12月のインターコンティネンタル杯後の合流で合意しました。この大会では2試合出場、決勝ではリヴァプールに競り勝ち、世界一のタイトルを置きみやげにチームを去りました。
2006年1月8日ビジャレアル戦でリーガデビューし、4戦目のセルタ戦で初ゴールを決めます。2年目の序盤に右ヒザ前十字じん帯を損傷して7試合の出場に終わりました。
07/08シーズンは、ペペやメッツェルダーの加入でS・ラモスが右に回るためローマへ。8月16日レッジーナ戦でセリエAにデビューし、1年目はフィオやサンプ相手にゴールを挙げるものの、カッセッティの存在もあり定位置獲得はなりませんでした。その後母国サンパウロへレンタルされ、リベルタドーレスで10試合に出場して健在をアピールしました。
ビジャレアルへのレンタルでも結果を残せず12シーズンに母国に戻ります。ここでは24試合に出場するも17位で降格しました。
その後シワススポルへ移籍します。2013年8月19日カイセリスポル戦のトルコ1部にデビュー以来レギュラーを獲得しますが、3シーズン連続でレッドを受けています。

2005年4月27日グアテマラ戦で代表デビュー。同年のコンフェデ杯では5試合に出場して優勝に貢献。11月12日のUAEとの親善試合に出場して初ゴールを記録しました。
2006年W杯予選は1試合だけでしたが本大会メンバーに入ります。グループリーグの日本戦でスタメン出場し、前半ロスタイムにロナウドの同点ゴールをアシストして勝利に貢献しました。
代表記録

余談
・憧れの選手は元ブラジル代表で、鹿島でもプレーしたジョルジーニョです。
・イタリア人の祖父がおり、欧州連合の市民権を取得しています。
2006年4月25日:新規アップ 2016年7月10日更新