チェ・ヨンス(Yong Soo CHOI)
フルネーム 崔龍洙(チェ・ヨンス)
国籍 韓国
出身地 釜山
生年月日 1973・9・10
身長 184cm
体重 79kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 1995・2・19
中国戦
代表背番号 11
W杯メンバー 98年 02年
ニックネーム トクスリ=ワシ
個人タイトル 00Kリーグ年間最優秀選手
チームタイトル 00Kリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
94 安養LG 34 10 
95 安養LG 28 11
96 安養LG 22
97 尚武    
98 尚武    
99 安養LG 27 14
00 安養LG 34 14
01 ジェフ市原(日本) 10 26 21
02 ジェフ市原(日本) 10 23 16
03 ジェフ市原(日本) 10 24 17
04 京都サンガ(日本J2) 21 33 20
05 ジュビロ磐田(日本) 16 15
06 FCソウル 11
高精度で強烈な右足シュートと打点の高いヘディングで、抜群の決定力を誇る韓国屈指のCF。ポストプレーやおとりとなる動きも秀逸で、味方をお膳立てするすべも擁しています。

小学4年でボールを蹴り始め、学生時代は中学から大学まで一貫してFWでプレーしていました。1994シーズンに安養へ加入。以降ケガで離脱した96シーズンを除く毎年2ケタゴールを挙げる国内トップクラスの実力を持ったストライカーとして君臨しました。
97シーズンから2年間軍隊のチームに所属したのちふたたび安養へ復帰します。00シーズンにはチームを優勝に導いてKリーグの最優秀選手になりました。
そして市原(現千葉)に加入。2001年3月31日柏戦でのJデビューを自らゴールで飾り、7度の1試合2ゴールを記録するなど26試合で21ゴールと驚異的な数字を残します。
2年目も開幕2試合で3ゴールを挙げ、1stステージ終了間際に4試合連続ゴールをマーク。9月14日アウェーの名古屋戦でJ通算8000ゴール目を挙げました。3年目は4月26日のホームの横浜FM戦と29日の京都戦で2試合連続ハットトリックを達成する爆発力を見せました。
京都、磐田と渡り歩いた後、2006年より母国でコーチ兼選手としてプレーしています。

1993年Wユースと1996年のアトランタ五輪に出場しますが、いずれもノーゴールに終わります。フル代表デビューは1995年2月19日中国戦となりました。
勝手を知る日本と対戦する際は特に手ごわい存在で、1992年のアジアユース選手権の準決勝で決勝ゴールを挙げ、1996年3月の五輪予選でもゴール。さらに1998年W杯アジア最終予選では2アシストで2対1の勝利に貢献したのです。同予選ではチーム最多の9ゴールを挙げて出場権獲得に貢献しますが、本大会ではノーゴールに終わっています。
W杯後のアジア大会2次リーグ初戦では、日本のU−21代表相手に2ゴールを決めました。2002年も本大会にエントリーされましたが、アメリカ戦での途中出場のみに終わっています。
代表記録 67試合27得点
2006年7月27日:新規アップ 2012年8月16日更新