チャ・ドゥリ(Du-Ri CHA)
フルネーム 車ドゥリ(チャ・ドゥリ)
国籍 韓国  
出身地
生年月日 1980・7・25
身長 181cm
体重 79kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験 クラブ 代表
代表デビュー 2001・11・8
セネガル戦
代表背番号 22
W杯メンバー 02年 10年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 10/11スコットランドカップ
11/12スコットランドリーグ
15韓国FAカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
02/03 ビーレフェルト(ドイツ) 7 22
03/04 フランクフルト(ドイツ) 9 31
04/05 フランクフルト(ドイツ2部) 9 29
05/06 フランクフルト(ドイツ) 11 27
06/07 マインツ(ドイツ) 2 12
07/08 コブレンツ(ドイツ2部) 22 28
08/09 コブレンツ(ドイツ2部) 22 33
09/10 フライブルク(ドイツ) 6 23
10/11 セルティック(スコットランド) 11 16
11/12 セルティック(スコットランド) 11 15
12/13 デュッセルドルフ(ドイツ) 22 10
13 FCソウル 5 29
14 FCソウル 5 28
15 FCソウル 5 24
若手の時はWGとしてプレーし、歳を重ねてSBに転向した右サイドのスペシャリスト。韓国史上最高のFWといわれるチャ・ボンクンを父に持つサラブレッドです。

父親が所属するフランクフルトで生まれます。彼が1989年にレヴァークーゼンで引退するまで少年時代をドイツで過ごしました。1999年から3年間高麗大学校で過ごし、W杯終了後にドイツに戻って父親が所属したレヴァークーゼンに入団します。
その後ビーレフェルトにローン移籍し、2002年9月11日カイザースラウテルン戦でブンデスリーガにデビュー。アウェーのブレーメンで初得点を挙げてチームを敗戦から救いました。
03/04シーズンは生まれ故郷のフランクフルトへレンタルされ31試合に出ますが、降格しました。しかしチームに残り29試合8得点の好成績で1年でブンデスリーガに復帰、05/06シーズンに国内カップで準優勝してUEFA杯出場権を獲得しました(カップ優勝チームがUEFA杯の出場権を得ますが、決勝の相手バイエルンがチャンピオンズ・リーグに出場するため)。
マインツではクロップ監督によりSBにコンバートされますが、ケガで結果を残せませんでした。その後2部のコブレンツへフリーで移りコンディションを取り戻しました。昇格組のフライブルクでは23試合に出場、バイエルン戦でオウンゴールしますが、1部残留に成功しました。
10/11シーズンにセルティックへフリーで移籍。チャンピオンズ・リーグではブラガとのプレーオフに敗れました。その後8月14日インヴァーネス戦でリーグデビューし、12月26日S・ジョンストン戦では同胞のMFキ・ソンヨンと共に得点を挙げるなど、2年連続でタイトルを獲りました。
デュッセルドルフではチームの不調を覆せず退団。13シーズンにFCソウルに入り、4月14日水原三星戦にてプロ12年目でKリーグにデビューします。そしてレギュラーに定着し、3年目はリーグで浦項と水原三星から得点を挙げ、カップ戦で優勝して有終の美を飾りました。

代表デビューは2001年11月8日のセネガルとの親善試合。翌年に日本との共催で行われたW杯ではグループリーグ3戦目以降の4試合に出場し、ベスト4になりました。2004年アジア杯は4試合に出場してクウェート戦で得点を挙げ、チームの勝利に貢献しました。
2006年W杯予選は6試合1得点でしたが本大会メンバーから外れました。その後3年のブランクを経て、2010年W杯本大会で3試合に出場しました。
2011年アジア杯でもレギュラーとして全6試合に出場。準決勝で日本に敗れますが、ウズベキスタンとの3位決定戦を制しました。その後Kリーグでの活躍により2015年アジア杯メンバーに入り、5試合戦って準優勝になりました。
代表記録 75試合4得点

※:フランクフルト(ドイツ)
2017年5月1日:新規アップ