ダニエル・カルバハル(Daniel CARVAJAL)
フルネーム ダニエル・カルバハル・ラモス
国籍 スペイン  
出身地 レガネス
生年月日 1992・1・11
身長 173cm
体重 71kg
利き足
ポジション DF(RSB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2014・9・4
フランス戦
代表背番号
W杯メンバー 18年
ニックネーム ダニ
個人タイトル  
チームタイトル 11UEFAU−19欧州選手権
13UEFAU−21欧州選手権
13/14コパ・デル・レイ
13/14,15/16〜17/18UEFAチャンピオンズ・リーグ
14,16,17FIFAクラブワールドカップ
16/17リーガ・エスパニョーラ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
10/11 レアル・マドリーB(3部) 30
11/12 レアル・マドリーB(3部) 38
12/13 レヴァークーゼン(ドイツ) 20 32
13/14 レアル・マドリー 15 30
14/15 レアル・マドリー 15 30
15/16 レアル・マドリー 15 22
16/17 レアル・マドリー 2 23
17/18 レアル・マドリー 2 25
18/19 レアル・マドリー 2    
タイミングの良いオーバーラップ、前線へのピンポイントクロスに加え守備への切り替えも素早く、右サイドにおいて精力的な上下動を見せるR・マドリー出身のSBです。

レガネスに生まれ、R・マドリーのサポーターとして過ごします。7歳で地元のクラブに入り、10歳でR・マドリーのカンテラに入団、リザーブでは主将に就任してナチョやモラタらと共にトップ昇格を目指すもアルベロアの壁は厚く、レヴァークーゼンへ移籍します。
2012年9月1日フライブルク戦でブンデスデビューし、バイエルン戦の決勝アシストやホッフェンハイム戦の決勝点など、計7アシストでビルド誌のベスト11に選ばれました。
レヴァークーゼンとは5年契約でしたが、目覚ましい活躍により1年でR・マドリーに復帰して主力に定着します。翌シーズンは国内リーグで3アシストし、CWCのクルス・アスール戦やチャンピオンズ・リーグのシャルケ戦と各コンペティションで結果を残しました。
15/16シーズンは、ブラジル代表ダニーロ加入のあおりを受けますが、マドリード・ダービーでベンゼマの先制点を演出しました。翌シーズンもリーグ戦こそ23試合でしたが、チャンピオンズ・リーグでは11試合に出場、ドルトムント、ナポリ、準々決勝バイエルン、決勝ユヴェントス戦と大舞台でアシストする勝負強さでビッグイヤーを自ら手繰り寄せました。
17/18シーズンはクラシコでエリア内でのハンドにより一発レッドを受け、チームもホームで3失点と惨敗を喫しました。一方チャンピオンズ・リーグでは前年に続きユヴェントスとバイエルン戦で味方の得点を生んでクラブのビッグイヤー3連覇に貢献しました。
18/19シーズンは新加入のオドリオソラとポジションを争っています。

2011年のU−19欧州選手権で3試合、2年後のU−21で1試合出場して優勝しました。フル代表デビューは2014年9月4日フランス戦となりました。2016年欧州選手権予選はケガにより2試合の出場にとどまり、本大会メンバーから落選しました。
2018年W杯予選では5試合に出場、本大会もR・マドリーの同僚ナチョと併用され3試合に出場しますが、開催国ロシアにPK負けを喫してR16にとどまりました。
代表記録

2018年12月7日:新規アップ