ファビアン・カリーニ(Fabian CARINI)
フルネーム エクトル・ファビアン・カリーニ・エルナンデス
国籍 ウルグアイ
出身地 モンテビデオ
生年月日 1979・12・26
身長 189cm
体重 85kg
利き足
ポジション GK
FK PK  
キャプテン経験 代表
代表デビュー 1999・6・17
パラグアイ戦
代表背番号
W杯メンバー 02年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 01/02,06/07セリエA
04/05コッパ・イタリア
所属クラブおよび背番号 出場 得点
96/97 ダヌービオ
97/98 ダヌービオ
98/99 ダヌービオ 19
99/00 ダヌービオ 18
00/01 ユヴェントス(イタリア) 12
01/02 ユヴェントス(イタリア) 22
02/03 スタンダール・リエージュ(ベルギー) 28
03/04 スタンダール・リエージュ(ベルギー) 31
04/05 インテル(イタリア) 15
05/06 カリアリ(イタリア) 1 8        0       
06/07 インテル(イタリア) 79
07/08 ムルシア(スペイン) 1 11
08/09 ムルシア(スペイン2部) 1
09 アトレティコ・ミネイロ(ブラジル) 14
10/11 ペニャロール
11/12 ペニャロール 20
13 デポルティボ・キト(エクアドル) 39
14 デポルティボ・キト(エクアドル)    
抜群の反射神経と絶妙のタイミングでの飛び出し、クロスへの対応や足元の技術も素晴らしく、若くして高い完成度を誇ったGK。代表では不動の地位を築きますが、クラブレベルでは競争相手が名手ばかりだからとはいえ、満足できないものになっています。

幼少のころからGKとしてプレーし、8歳のときに母国のクラブ、ダヌービオの下部組織でデビューします。1996年にデビューし、ルベン・ソサやレコバを排出した新しい目玉選手となります。
セリエA00/01シーズンの開幕前、ラツィオへ移籍することになっていましたが、一転シーズン途中にユヴェントスに移籍しました。しかしファン・デル・サールに加え、翌シーズンはパルマから加入したブッフォンの影に隠れる形になりました。そして出場機会を求めベルギーに活躍の場を移すと、レギュラーに座って2シーズン過ごしました。
再び04/05シーズンにインテルに加入。4試合出場しただけで物足りなさはぬぐえず、同じセリエAのカリアリにレンタル移籍しますが、8試合の出場にとどまりインテルへ復帰。しかしJ・セーザル、トルドとワールドクラスがしのぎを削っており、出場機会がありませんでした。
07/08シーズンにキャリア初のスペイン挑戦となり、同時に加入した同胞のP・ガルシア、レゲイロらと共に1部残留を狙ったもののレギュラー確保とはいかず、降格となりました。
その後は母国ペニャロールを含め、南米を渡り歩いています。

1997年のWユースマレーシア大会で準優勝を飾ると、同年にアルゼンチンで開催されたU−20南米選手権でも準優勝。1999年のWユースナイジェリア大会では、準決勝で小野、稲本らを擁する日本に敗れはしましたが、7試合戦って大会ベストイレブンに選出されました。
同年の6月17日南米選手権パラグアイ戦でフル代表デビューするとPKを2本止め、次のチリ戦でもPK戦の末に勝利をもぎ取りました。これらの活躍により不動の守護神になります。
2002年のW杯予選で17試合に出場、本戦では予選リーグ敗退、2006年のW杯予選もオーストラリアとの大陸間プレーオフ含む5試合の出場も敗れ出場はなりませんでした。
2010年大会も5試合戦いましたが、ムスレラの台頭もあり本大会行きはなりませんでした。
代表記録
2006年1月25日:新規アップ 2014年8月8日更新