ヴァレリ・ボジノフ(Valeri BOJINOV)
フルネーム ヴァレリ・エミロフ・ボジノフ
国籍 ブルガリア
出身地
生年月日 1986・2・15
身長 178cm
体重 78kg
利き足
ポジション FW(ST)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2004・6・22
イタリア戦
代表背番号 20
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 15/16セルビアカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
01/02 レッチェ(イタリア)
02/03 レッチェ(イタリア2部) 15
03/04 レッチェ(イタリア) 7 28
04/05 レッチェ(イタリア) 10 20 11
04/05 フィオレンティーナ(イタリア) 99
05/06 フィオレンティーナ(イタリア) 8 27
06/07 ユヴェントス(イタリア2部) 9 18
07/08 マンチェスター・シティ(イングランド) 29
08/09 マンチェスター・シティ(イングランド) 9
09/10 パルマ(イタリア) 86 30
10/11 パルマ(イタリア) 86 31
11/12 スポルティング(ポルトガル) 7
11/12 レッチェ(イタリア) 10 10
12/13 エラス・ヴェローナ(イタリア2部) 30 14
12/13 ヴィチェンツァ(イタリア2部) 9 18
13/14 スポルティングB(ポルトガル2部)
13/14 レフスキ・ソフィア 86 14
14/15 レフスキ・ソフィア 86
14/15 テルナーナ(イタリア2部) 15 27
15/16 パルチザン(セルビア) 86 31 18
16/17 パルチザン(セルビア) 86 20
17 梅州客家(中国2部)    
抜群のゴールセンスを持つ左利きのストライカー。爆発的なスピードでの強引な突破、強烈なシュートやパスセンスも備えています。強気で狡猾さもあり精神面も充実しています。

ブルガリアのオリア・オヴィツァに生まれますが、12歳の時に両親とマルタへ移住します。1990年代に活躍した代表DFサッショ・アンゲロフが継父だったこともあり幼少時代からサッカーに親しみ、少年サッカーチームに所属して世界的な大会でも活躍して脚光を浴びました。
13歳でレッチェからスカウトされ入団し、01/02シーズンにトップに昇格。2001年1月27日ブレッシャ戦にて15歳11ヶ月12日というセリエA外国人最年少でデビューします。リーグでは2試合でしたが、プリマヴェーラの国内カップ活躍して優勝しました。1度降格を味わいますが、1部復帰後は才能を発揮し、2004年1月6日ボローニャ戦で初ゴールを挙げました。
04/05シーズンに就任したゼーマン監督の攻撃サッカーを体現し、前半だけで2ケタゴールをマークする活躍を見せると、欧州各クラブから注目を集めます。ミランへのレンタル移籍やインテルのGKトルドとのトレードなどが取りざたされましたが、最終的にフィオレンティーナへ移籍します。1年目はじん帯を断裂したため本領を発揮できませんでしたが、翌05/06シーズンはムトゥやヨルゲンセンらと共にSTとしてまずまずの活躍を見せました。
06/07シーズンより八百長疑惑でBに落ちたユヴェントスへレンタル移籍します。18試合で5ゴールとまずまずの結果を残すもレンタルバックされ、その後マンチェスター・Cへ移籍します。しかし再びじん帯を負傷してシーズンのほとんどをリハビリに費やします。一度復帰するものの、翌シーズン開幕前にアキレス腱を断裂して戦線離脱を強いられました。
2シーズンで1ゴールしか挙げられず、テベスやアデバヨールといったワールドクラスの相次ぐ加入もあり、パルマへレンタルに出されます。そしてミラノ勢やフィオといった強豪と互角に渡り合い、ゴールを挙げた全試合で勝ち点獲得に貢献してA復帰のチームを8位に導き4年契約を勝ち取ります。しかしフル出場が少なく3ゴールに終わり、ポルトガルへ移ります。ここでは8試合で2ゴールに終わり7年ぶりにレッチェへ戻ります。そしてアウェーのラツィオ戦で終了間際に出場して同点ゴールを決めましたが、降格は免れませんでした。その後はBでスーパーサブとして働きました。
2014年2月22日S・ソフィア戦で母国リーグデビューし、4試合連続ゴールなど決定力を見せ、14/15シーズンのテルナーナでも27試合に出場して劣勢を覆しました。
15/16シーズンにパルチザンに移籍。7月17日メタラツ戦でのセルビアリーグデビュー以降3試合連続など計18ゴールとキャリア最高の数字を残しました。
2年目の途中に中国2部へ移籍しています。

2004年欧州選手権のイタリア戦で代表デビューし、8月18日アイルランド戦で初ゴール。2006年W杯予選も5試合戦い、2008年欧州選手権予選は1ゴールを挙げました。
2010年W杯予選4試合、2012年欧州選手権予選と2014年W杯予選は3試合、2016年欧州選手権予選はいずれもノーゴールに終わりました。
代表記録

※:オリア・ホヴィツァ
2007年6月26日:新規アップ 2017年2月24日更新