スヴェン・ベンダー(Sven BENDER)
フルネーム スヴェン・ベンダー
国籍 ドイツ  
出身地 ローゼンハイム
生年月日 1989・4・27
身長 185cm
体重 72kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2011・3・29
オーストラリア戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム アイロンマン
個人タイトル  
チームタイトル  08UEFAU−19欧州選手権
10/11,11/12ブンデスリーガ
11/12DFBカップ
16リオデジャネイロオリンピック銀メダル
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06/07 1860ミュンヘンU(3部)
15
06/07 1860ミュンヘン(2部) 13
07/08 1860ミュンヘン(2部) 27
08/09 1860ミュンヘン(2部) 17 25
09/10 ドルトムント 22 19
10/11 ドルトムント 22 31
11/12 ドルトムント 22 24
12/13 ドルトムント 22 20
13/14 ドルトムント 6 19
14/15 ドルトムント 6 20
15/16 ドルトムント 6 19
16/17 ドルトムント 6
17/18 ドルトムント 6
素早い寄せや空いたスペースへのカバーリングと危機察知能力に優れており、双子の兄であるラース・ベンダーに比べ守備的な振る舞いを見せます。

4歳でサッカーを始めます。2つのクラブを経てラースと共に1860ミュンヘンでキャリアをスタートさせます。06/07シーズン途中にトップデビューしてレギュラーに定着しました。
09/10シーズンにドルトムントへ入団。9月19日ハノーファー戦でブンデスリーガにデビューしてケガで離脱した主将ケールの穴をシャヒンと共に埋めます。2年目は自己最多の31試合に出場、クーバ、グロスクロイツ、ゲッツェ、香川と前がかりになるチームのフィルターとなり、カイザースラウテルン戦では初ゴールを挙げてクラブ9年ぶりの優勝に貢献しました。
11/12シーズンはペリシッチやギュンドアンと同年代の新加入選手とも共存し、本拠ケルン戦での2アシストにヴォルフスブルク戦での得点など、クラブ初の2冠を達成しました。
その後13/14シーズンは休暇明けのアウクスブルク戦で先制ゴールを取るもオウンゴールして勝ち点3を逃します。その後ハンブルガー戦で負傷して残り試合を棒に振りました。
15/16シーズンはヴァイグルの加入でポジション争いが激化する中、ヨーロッパリーグで8試合戦いベスト8になります。翌シーズンのチャンピオンズ・リーグではモナコとの準々決勝に出場。しかし直前の爆発で精神的ダメージもあり、オウンゴールを献上して敗れました。
17/18シーズンにラースが在籍するレヴァークーゼンへ移籍しています。

2006年のU−17欧州選手権で4位になり、2年後のU−19大会ではラースと共に大会MVPになるなどチームの優勝に貢献。2009年のU−20W杯は2試合戦いました。
フル代表デビューは2011年3月29日オーストラリア戦。2012年欧州選手権予選は出場なしに終わり、最終メンバーに残ったラースとの本大会での共演はなりませんでした。
2016年リオ五輪ではラースと共にオーバーエージでエントリーされ、6試合プレーして銀メダルを手にしています。
代表記録

2017年4月28日:新規アップ 2017年7月14日更新