メハディ・ベナティア(Mehdi BENATIA)
フルネーム メハディ・アミーヌ・エル・ムタッキ・ベナティア
国籍 モロッコ  
出身地
生年月日 1987・4・17
身長 190cm
体重 92kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・11・19
ザンビア戦
代表背番号
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 14/15,15/16ブンデスリーガ
15/16DFBカップ
16/17セリエA
16/17コッパ・イタリア
所属クラブおよび背番号 出場 得点
04/05 マルセイユB(フランス4部) 15
05/06 マルセイユB(フランス5部)
06/07 トゥール(フランス2部) 21 29
07/08 ロリアンB(フランス5部) 17
08/09 クレルモン・フット(フランス2部) 4 27
09/10 クレルモン・フット(フランス2部) 4 30
10/11 ウディネーゼ(イタリア) 17 34
11/12 ウディネーゼ(イタリア) 17 27
12/13 ウディネーゼ(イタリア) 17 19
13/14 ローマ(イタリア) 17 33
14/15 バイエルン(ドイツ) 5 15
15/16 バイエルン(ドイツ) 5 14
16/17 ユヴェントス(イタリア) 4 15
17/18 ユヴェントス(イタリア) 4    
1対1の対応はもちろん大柄ながらスピードもあり、インターセプトやラインコントロールといった頭脳に両足からの正確なパスも備えた総合力の高いCBです。

フランスのクールクロンヌ生まれ。クレールフォンテーヌで練習に励みます。その後ギャンガンやマルセイユのリザーブでプレーし、後者とプロ契約に至るも出場はありませんでした。
その後レンタル生活が続きます。トゥールで活躍してロリアンではヒザを痛めましたが、クレルモン・Fでは同胞MFハムダニと共に戦い、モンペリエとカーン相手に点を取りました。
10/11シーズンにウディネーゼに引き抜かれ、9月11日インテル戦でセリエAにデビュー。GKハンダノヴィッチやイスラ、アルメロらと守備を安定させ、3点決めて上位進出に貢献。2年目はアーセナルの前にチャンピオンズ・リーグのグループリーグに進めませんでしたが、ヨーロッパリーグでは大会を制するA・マドリーから得点を挙げてチームを勝利に導きました。リーグでも27試合戦い4位となりました。3年目はブラガの前に再びチャンピオンズ・リーグ出場はならず、ユヴェントスにも4失点しましたが、ミラン相手に味方をアシストして勝利に貢献しました。
13/14シーズンにローマへ移り、マイコン、ドド、L・カスタンとブラジル人が並ぶ最終ラインの支柱となり、攻撃面でも自己最多の5得点とリーグ屈指のCBになりました。
14/15シーズンにバイエルンに引き抜かれ、9月27日ケルン戦でブンデスリーガにデビューします。引退したファン・ブイテンの5番を引き継ぎ、J・ボアテングやダンテとコンビを組みますが、戦術理解とケガに苦しみ、フル稼働でのリーグ優勝はなりませんでした。チャンピオンズ・リーグでは7試合戦ってバルサから点を取りましたが、勝利に結びつきませんでした。
16/17シーズンにユヴェントスへレンタル移籍します。「BBC」の前にレギュラーはなりませんでしたが、15試合のうち14試合に先発して2冠を達成し、完全移籍となっています。

U−18はフランス代表、U−20からモロッコ代表となります。2008年11月19日ザンビア戦でデビューし、2010年W杯予選で5試合、2014年W杯予選は2試合戦いました。
アフリカ選手権は2012年に2試合、2013年に3試合、2017年に4試合出場しています。
代表記録

※:クールクロンヌ(フランス)
2014年9月17日:新規アップ 2017年6月17日更新