ナディル・ベラージ(Nadir BELHADJ)
フルネーム ナディル・ベラージ
国籍 アルジェリア
出身地
生年月日 1982・6・18
身長 178cm
体重 74kg
利き足
ポジション DF(LSB)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2004・4・28
中国戦
代表背番号
W杯メンバー 10年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 11AFCチャンピオンズ・リーグ
12/13カタールリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
99/00 RCランスB(フランス4部)
00/01 RCランスB(フランス4部) 20
01/02 RCランスB(フランス4部) 28
02/03 グーニョン(フランス2部) 28
03/04 グーニョン(フランス2部) 36
04/05 スダン(フランス2部) 31
05/06 スダン(フランス2部) 34
06/07 スダン(フランス) 21 37
07/08 リヨン(フランス) 21
07/08 RCランス(フランス) 11 19
08/09 ポーツマス(イングランド) 39 29
09/10 ポーツマス(イングランド) 39 19
10/11 アル・サッド(カタール) 20
11/12 アル・サッド(カタール) 3 21
12/13 アル・サッド(カタール) 3 20
13/14 アル・サッド(カタール) 3 26
14/15 アル・サッド(カタール) 3 23
15/16 アル・サッド(カタール) 3 26
16/17 スダン(フランス3部) 39 19
17/18 スダン(フランス4部) 39    
荒い守備が目立つものの、縦への速い突破と高精度のクロスや遠目からのミドルと攻撃の起点になれる左サイドのスペシャリストです。

RCランスのリザーブチームでプロキャリアを始めます。結果こそ出しますがトップチーム昇格のチャンスはなく、グーニョンへレンタル移籍、ここで即戦力として活躍し完全移籍となりました。スダンでも左サイドのポジションを盤石なものとし、リーグ・アン昇格に大きく貢献したのです。
2006年8月12日、ナンシーとの開幕戦でリーグアンデビューし翌月16日ル・マン戦で初得点。初の1部リーグでしたが最終的には37試合2得点3アシストと、才能に疑いの余地がないことを証明しました。しかしチームは19位に終わり、1年で2部リーグへ逆戻りしました。
低迷するチームで孤軍奮闘を見せた自身はリーグ王者リヨンに引き抜かれますが、イタリア代表グロッソの壁に阻まれ9試合の出場にとどまり、古巣RCランスで試合勘を取り戻しました。
08/09シーズンにポーツマスへレンタルされ、9月13日ミドルスブラ戦でプレミアデビュー。警告を受ける場面こそ多かったものの、デフォーやクラウチといったイングランド代表FWへのアシストもチームの命綱の一つとなりシーズン途中で完全移籍、29試合2得点と好成績を残しました。2年目は19試合だけでしたが、リヴァプールから2点、アーセナルから1点と強敵相手に結果を残しました。しかしチームの降格を救えず退団しました。
そしてカタールのアル・サッドへ。FWニアングやカデル・ケイタといったアフリカ勢と連動した攻撃参加を見せ、2年目はACLで9試合戦い優勝、クラブW杯でも3位になりました。3年目はラウールやアル・カルファンへのおぜん立てを見せて優勝に貢献しました。5年目もACLで3点を挙げるなど高い攻撃力をアピールしました。
16/17シーズン、10年ぶりにスダンに復帰しています。

2000年にフランスU−18代表として2試合出場しましたが、その後アルジェリアを選択して2004年4月28日中国戦でフル代表デビューします。
2006年W杯予選は8試合、2010年W杯予選は11試合1得点と重要な存在となります。後者では強豪エジプトとのプレーオフを制して1986年大会以来の出場権を獲得し、本大会でも3試合にフル出場しました。2010年アフリカ選手権は5試合戦ってベスト4になっています。
代表記録

余談
・2007年6月5日、カンプ・ノウで行われたアルゼンチンとのフレンドリーマッチでは、3−4で敗れはしたもののFKから2点を奪っています。
※:サンクロード(フランス)

2011年10月24日:新規アップ 2017年6月3日更新