イルディレイ・バストゥルク(Yildiray BASTURK)
フルネーム イルディレイ・バストゥルク
国籍 トルコ
出身地 ヘルネ(ドイツ)
生年月日 1978・12・24
身長 168cm
体重 65kg
利き足
ポジション MF(OMF)
FK PK FK
キャプテン経験  
代表デビュー 1998・1・21
アルバニア戦
代表背番号 10
W杯メンバー 02年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
97/98 ボーフム(ドイツ) 17
98/99 ボーフム(ドイツ) 28
99/00 ボーフム(ドイツ) 30
00/01 ボーフム(ドイツ) 29
01/02 レヴァークーゼン(ドイツ) 30
02/03 レヴァークーゼン(ドイツ) 26
03/04 レヴァークーゼン(ドイツ) 17
04/05 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 7 25
05/06 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 7 27
06/07 ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 7 19
07/08 シュツットガルト(ドイツ) 10 26
08/09 シュツットガルト(ドイツ) 10
09/10 シュツットガルト(ドイツ) 10
09/10 ブラックバーン(イングランド) 20
小柄な体躯ですが、一瞬のスピード、運動量、創造性を兼備し高度なテクニックとスルーパスを武器にゴールを演出するトルコのファンタジスタです。

ドイツにあるトルコ移民の鉱山労働者の家庭に生まれ、バンネーアイケルのスポーツクラブでサッカーを始めます。その後育成に定評のあるバッテンシャイトを経てボーフムへ移籍します。
1997年8月にブンデスリーガにデビューし、トップメラー監督の下で着実に能力を開花させるとともに、UEFA杯にも出場するなど貴重な経験を積み重ねてました。
00/01シーズン終了後、チームの2部降格やトップメラー監督のレヴァークーゼン就任に伴い移籍します。バラックと共に攻撃の軸となって国内リーグでバイエルンに肉薄し、14試合1得点の結果を残したチャンピオンズ・リーグでも、敗れはしたものの決勝でR・マドリーを追い詰めるなど各方面から称賛されました。02/03シーズンはチャンピオンズ・リーグで2次リーグに進む一方国内では苦戦を強いられますが、15位と残留に成功しました。翌シーズンは浦和でもプレーする新加入のポンテとのポジション争いが相乗効果を生み、3位に浮上しました。
04/05シーズンにH・ベルリンへ移籍します。ブラジル人のマルセリーニョと共に高いテクニックを披露してファンを魅了し、チームを4位に躍進させました。
そして07/08シーズンにリーグ王者のシュツットガルトへフリーで移籍します。チャンピオンズ・リーグとの過密日程が響き低調な滑り出しでしたが、最終的にはUEFA杯圏内に入りました。しかし2年目は精彩を欠いて出場機会を求めてブラックバーンへ移籍、第36節ウルブズ戦でプレミアデビューを果たしますが、そのシーズンを最後に引退しています。

1998年4月25日アルバニア戦で代表デビュー。2000年欧州選手権こそ逃すも、2002年W杯予選はいずれも途中出場で7試合に出場、オーストリアとのプレーオフ2ndレグで先制ゴールを挙げてチームに勢いを与え、48年ぶりの本大会出場権獲得に貢献します。
本大会でもブラジル戦でH・サスのゴールを演出し、決勝トーナメント初戦で日本を下すなど7試合に出場して3位になりました。翌年のコンフェデ杯でも3試合戦いベスト4になりました。
しかし2004年欧州選手権予選は3試合、2006年W杯予選は7試合出場して敗退。2008年欧州選手権予選もケガに苦しみ2試合の出場に終わり、本大会のメンバーに選ばれませんでした。このことを受け、テリム代表監督の下でプレーしない旨を発表しました。
代表記録 49試合3得点
2010年11月16日:新規アップ 2014年7月15日更新