ルーカス・バリオス(Lucas BARRIOS)
フルネーム ルーカス・ラモン・バリオス・カセレス
国籍 パラグアイ※1
出身地 ※2
生年月日 1984・11・13
身長 187cm
体重 83kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験 代表
代表デビュー 2010・5・25
アイルランド戦
代表背番号 8 19
W杯メンバー 10年
ニックネーム パンサー
個人タイトル 08チリリーグ得点王
チームタイトル 08チリ前期リーグ
10/11ブンデスリーガ
12,13中国リーグ
12中国カップ
15ブラジルカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
03/04 アルヘンティノス(アルゼンチン2部) 15
03/04 ティグレ(アルゼンチン3部) 16
04/05 アルヘンティノス(アルゼンチン2部)
05 テムコ(チリ) 28 12
05/06 ティロ・フェデラル(アルゼンチン) 18 12
06 コブレロア(チリ) 17
07 コブレロア(チリ) 18 14
07/08 アトラス(メキシコ) 14
08 コロコロ(チリ) 8 27 26
09 コロコロ(チリ) 8 15 12
09/10 ドルトムント(ドイツ) 18 33 19
10/11 ドルトムント(ドイツ) 18 32 16
11/12 ドルトムント(ドイツ) 18 17
12 広州恒大(中国) 18
13 広州恒大(中国) 18
13/14 スパルタク・モスクワ(ロシア) 9 15
14/15 スパルタク・モスクワ(ロシア) 9
14/15 モンペリエ(フランス) 10 31 11
15 パルメイラス(ブラジル) 13
16 パルメイラス(ブラジル)    
エリア内でのゴール感覚に定評があり、「パンサー」の異名をとるCF。2010年W杯メンバーでアルゼンチンからパラグアイに帰化した4番目の選手です。

ブエノスアイレス州のサンフェルナンドというところに生まれます。2部リーグからキャリアをスタートさせ、限られた機会に結果を残す決定力は、テムコ時代の12ゴールとなって現れます。
キャリアの合間に他国でもプレーしますが、チリリーグとの相性が良く、コブレロアでは2年で26ゴール、レンタルで加入したコロコロでは1年目に得点王、特に16試合で18ゴールと驚異的なペースでゴールを量産してチームのリーグ優勝に貢献します。通算37ゴールは同じコロコロに在籍していたルイス・エルナン・アルバレスが1963年に記録して以来となりました。
09シーズンもエースとしての役割を果たし、ナンシー、エスパニョール、パナシナイコスなどヨーロッパから数多のオファーが届く中、ドルトムントへの移籍が決まりました。
スイス代表フライの後釜としての期待を受け、8月8日ケルンとの開幕戦でブンデスリーガデビュー。同胞バルデスの献身もあり、リーグ中盤ではチャンピオンのヴォルフスブルクから2ゴールを挙げ勝利に貢献するなど4試合連続ゴールを2度記録すると、4月24日ニュルンベルク戦ではハットトリックを達成してヨーロッパ・リーグ出場権獲得を確実にし、ランキング3位の19ゴールを挙げました。国内カップでも4ゴールを挙げるなど、初年度から好成績を残しました。
2年目は新加入の香川との連係を深めます。国内では3度の1試合2ゴールなど16ゴールで9年ぶりのリーグ優勝に貢献し、ヨーロッパリーグでも7試合4ゴールと決定力を見せました。しかし3年目はケガで戦列を離れてレヴァンドフスキに1トップを奪われました。
中国やロシアでも不本意な時間を過ごしましたが、モンペリエでは2014年8月17日マルセイユ戦でフランスリーグデビューすると、メッツ戦でハットトリックを決めるなど2ケタゴールと復調を果たし、15位だったチームを7位に上げました。
その後ブラジルに渡ります。リーグでハットトリック、カップ戦でも2ゴールとフルミネンセ戦相手に強さを発揮しています。

主砲カバニャスの離脱もあり、2010年4月8日に母親の祖国パラグアイの国籍を取得して5月25日アイルランド戦で代表デビューします。この試合含め親善試合で結果を残し、W杯メンバーに入ります。本大会ではノーゴールでしたが、日本戦など5試合に出場しました。
2011年コパ・アメリカでは6試合出場して、グループリーグのベネズエラ戦でゴールを決めます。しかしパラグアイとの決勝で負傷してチームも敗れました。2014年W杯予選も本拠エクアドル戦のみの出場に終わりました。
2015年コパ・アメリカは3ゴールと活躍しますが、アルゼンチンに6失点して敗れました。
代表記録

※1:アルゼンチン国籍もあり
※2:ブエノスアイレス(アルゼンチン)
2010年9月4日:新規アップ 2016年6月15日更新