エドガル・バレット(Edgar BARRETO)
フルネーム エドガル・オスバルド・バレット・カセレス
国籍 パラグアイ
出身地 アスンシオン
生年月日 1984・7・15
身長 182cm
体重 78kg
利き足
ポジション MF(CMF)
FK PK FK
キャプテン経験 クラブ
代表デビュー 2004・7・8
コスタリカ戦
代表背番号
W杯メンバー 06年 10年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 04アテネオリンピック銀メダル
11CONMEBOLコパ・アメリカ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
01 セロ・ポルテーニョ
02 セロ・ポルテーニョ
03 セロ・ポルテーニョ 20
03/04 NEC(オランダ) 19
04/05 NEC(オランダ) 8 25
05/06 NEC(オランダ) 8 32
06/07 NEC(オランダ) 8 29
07/08 レッジーナ(イタリア) 8 36
08/09 レッジーナ(イタリア) 8 32
09/10 アタランタ(イタリア) 16
10/11 アタランタ(イタリア2部) 8 29
11/12 パレルモ(イタリア) 5 34
12/13 パレルモ(イタリア) 5 30
13/14 パレルモ(イタリア2部) 5 34
14/15 パレルモ(イタリア) 5 24
15/16 サンプドリア(イタリア) 8 30
16/17 サンプドリア(イタリア) 8 32
17/18 サンプドリア(イタリア) 8    
正確な右足のキックが武器で、遠目からのミドルや縦パス、プレースキックで攻撃をリードします。テクニシャンでありながら、ハードワークをいとわないのも特筆すべき部分です。

首都アスンシオン生まれ。国内強豪セロ・ポルテーニョでプロのキャリアを始めます。3年目に20試合4得点と頭角を現し、国際舞台での活躍もあってヨーロッパへの移籍を果たします。NECでは即戦力として活躍、通算95試合10得点の成績を残しました。
07/08シーズンにレッジーナと4年契約を結び、8月26日アタランタとの開幕戦でセリエAにデビュー。年明けのアタランタ戦で初得点を決め、その後ミラン相手にも一矢報いるなど自己最多の36試合に出場して瞬く間にチームに不可欠の存在となります。2年目もボローニャとの両試合で得点を挙げますが、チームがBに降格したためアタランタに移籍します。
1年目はリヴォルノ戦で負傷、以降の試合を棒に振りチームも降格します。そしてチームに残りBを制して1年でAに復帰しました。パレルモでは、インテルやラツィオ、ウディネーゼといった上位相手に決定的な仕事を見せてチームに勝ち点をもたらします。2年目も中盤の守備のかなめとして30試合に出たものの、B降格の憂き目に遭います。それでもウルグアイ代表FWエルナンデスや北アイルランド代表FWラファティら攻撃陣と共に主軸として1年でAに戻りました。
15/16シーズンにサンプドリアへフリーで移籍しています。

2001年U-17世界選手権で3試合、2年後のWユースで4試合プレーするなど早くから頭角を現します。2004年アテネ五輪では日本を下すなど6試合戦い銀メダルを獲りました。
フル代表デビューは2004年7月8日コスタリカ戦。コパ・アメリカにもエントリーされ、同大会に3大会連続出場、2011年大会は決勝戦など3試合戦って準優勝になりました。
W杯は2006年大会予選で7試合、本戦で2試合に出場。2010年大会は14試合、本大会でも3試合プレーして母国初のベスト8進出を果たします。日本とのPK戦を制した後は失敗して号泣する駒野を慰めました。2014年W杯予選は2試合に終わっています。
代表記録

余談
・2010年W杯のメンバーであるGKディエゴ・バレットは実兄です。
2012年5月4日:新規アップ 2017年6月30日更新