エベル・バネガ(Ever BANEGA)
フルネーム エベル・マキシミリアーノ・ダビド・バネガ
国籍 アルゼンチン※  
出身地 ロサリオ
生年月日 1988・6・29
身長 174cm
体重 71kg
利き足
ポジション MF(DMF)
FK PK FK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2008・2・6
グアテマラ戦
代表背番号 19
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 07コパ・リベルタドーレス
07FIFAU−20ワールドカップ
07/08コパ・デル・レイ
08レコパ・スダメリカーナ
08北京オリンピック金メダル
14/15,15/16UEFAヨーロッパリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
06/07 ボカ・ジュニアーズ 24 14
07/08 ボカ・ジュニアーズ 24 14
07/08 バレンシア(スペイン) 11 12
08/09 アトレティコ・マドリー(スペイン) 16 24
09/10 バレンシア(スペイン) 21 36
10/11 バレンシア(スペイン) 24 28
11/12 バレンシア(スペイン) 10 13
12/13 バレンシア(スペイン) 10 29
13/14 バレンシア(スペイン) 10 18
13/14 ニューウェルス 19 14
14/15 セビージャ(スペイン) 19 34
15/16 セビージャ(スペイン) 19 25
16/17 インテル(イタリア) 19 28
17/18 セビージャ(スペイン) 10    
ボランチあるいはトップ下として、正確なパスでチームの攻撃にリズムを生みます。ただ好不調の差が激しく、スタミナ不足なのが懸念材料です。

ロサリオ生まれ。ボカの下部組織でトレーニングに取り組みます。2007年1月にガゴがR・マドリーに引き抜かれたため後釜となり、2月10日A・バンフィエルド戦で1部デビューして14試合に出場しました。リベルタドーレスではクラブでの初タイトルを手にしました。
2年目も主力として活躍し、途中でバレンシアと5年半の契約を結びます。2008年1月13日A・マドリー戦でリーガデビューし、レクレアティボ戦ではマタの先制点を演出しました。
08/09シーズンにA・マドリーにローンで移籍し、初めてのチャンピオンズ・リーグは3試合に出ます。しかしP・アスンソン、マニシェ、R・ガルシアらの存在によりベンチスタートが多くなりました。2度の退場処分もありましたが、ヌマンシア戦で初ゴールを挙げました。
09/10シーズンにバレンシアへ戻ります。守備の局面ではイエロー12枚と判定に苦しみますが、攻撃では開幕セビージャ戦で2アシスト、他にはバジャドリー戦など自己最多の36試合8アシストと本領を発揮し、クラブを3年ぶりのチャンピオンズ・リーグに導きました。
翌シーズンの同大会では4試合に出ますが、決勝トーナメント初戦でシャルケに敗れます。リーグ戦は序盤こそケガでしたが、本拠ビジャレアル戦など2ゴール4アシストしました。
12/13シーズンは、バルサ戦の先制弾やエスパニョール戦の2アシストなど4ゴール4アシストとケガから復活しますが、翌シーズンの途中にニューウェルスへローン移籍します。M・ロドリゲスやトレゼゲとの攻撃で、ティグレやアルセナル相手に結果を残しました。
14/15シーズンにセビージャへ移り、バレンシアに続きエメリ監督の下でプレーします。11枚もイエローを受けますが、バルサ相手に先制ゴールを挙げました。ヨーロッパリーグでは11試合に出場して準決勝フィオレンティーナ戦でアシストし、ドニプロとの決勝を制しました。
翌シーズンの欧州スーパー杯はバルサに敗れますが、FKを決めます。リーグ戦ではヘタフェ戦で1ゴール1アシスト、R・マドリーからゴール、古巣バレンシアからアシストしてチームを勝利に導きました。カップ戦ではバルサとの決勝でネイマールへのファールで退場してチームも敗れました。チャンピオンズ・リーグではPKを2本決めるもグループリーグで敗退、ヨーロッパリーグではA・ビルバオ戦で同点アシストするなど8試合に出て連覇を達成しました。
16/17シーズンにフリーでインテルへ移籍し、8月28日パレルモ戦でセリエAにデビュー。続くペスカーラ戦で同点アシストして逆転勝利を呼び込みます。ユヴェントス戦でも同様の活躍をしますが、終了間際に2枚目のイエローカードを受けました。その後もカリアリ戦のFKやアタランタ戦のハットトリックなど自己最多の6ゴールを挙げますが、退団しました。
17/18シーズンにセビージャへ戻っています。

2007年U−20W杯はアグエロと共にレギュラーとして全7試合に出場して優勝します。翌年の北京五輪でも決勝など3試合プレーして連覇に貢献しました。
フル代表デビューは2008年2月6日グアテマラ戦。クラブで活躍しながらマラドーナ監督の構想に入れず、2年後のW杯メンバー入りを逃しました。2014年W杯予選は8試合戦い、ボリビア戦で同点ゴールを挙げますが、またも本大会メンバーから落選しました。
コパ・アメリカは2011年に2試合出場しました。2015年は5試合に出ますが、チリとの決勝でPKを外しました。翌年も6試合に出てグループリーグの初戦でチリを相手にディ・マリアをアシストし、自らも決勝点を挙げますが、再戦となった決勝での雪辱はなりませんでした。
代表記録

※:スペイン国籍もあり
2017年10月16日:新規アップ