デンバ・バ(Demba BA)
フルネーム デンバ・バ
国籍 セネガル
出身地
生年月日 1985・5・25
身長 190cm
体重 82kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2007・6・2
タンザニア戦
代表背番号 19
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 16/17トルコリーグ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
05/06 ルーアン(フランス4部) 26 22
06/07 ムスクロン(ベルギー) 9 10
07/08 ムスクロン(ベルギー) 9
07/08 ホッフェンハイム(ドイツ2部) 29 30 12
08/09 ホッフェンハイム(ドイツ) 9 33 14
09/10 ホッフェンハイム(ドイツ) 9 17
10/11 ホッフェンハイム(ドイツ) 9 17
10/11 ウェストハム(イングランド) 21 12
11/12 ニューカッスル(イングランド) 19 34 16
12/13 ニューカッスル(イングランド) 19 20 13
12/13 チェルシー(イングランド) 29 14
13/14 チェルシー(イングランド) 29 19
14/15 ベジクタシュ(トルコ) 9 29 18
15 上海申花(中国) 9 11
16 上海申花(中国) 9 18 14
16/17 ベジクタシュ(トルコ) 99
17/18    
強くてしなやかなフィジカルを擁し、一瞬でトップスピードになって豪快に飛び出すセネガル代表。サイドでも起点になるなどWGとCF双方で高いレベルのプレーを保証します。

フランスに生まれ育ち、7歳からクラブに所属します。マルセイユやリヨンの入団テストには失敗しましたが、イングランドのワトフォードでも過ごしました。
プロデビューはフランス4部ルーアンとなります。ケガで半年以上戦列を離れましたが、固め取りを見せます。ムスクロンでも10試合8得点と決定力の高さをアピールしました。
その後ドイツ2部ホッフェンハイムへ移り、30試合12得点と役割を果たしてクラブを初のブンデスリーガに導きます。2008年8月16日コットブスとのデビュー戦で1得点1アシストと上々の立ち上がりを見せます。そしてボスニア・H代表イビシェヴィッチとの2トップで旋風を巻き起こし、フランクフルト戦での1試合2得点やシュツットガルト戦でのハットトリックなど、昇格したクラブが7位になる原動力となりました。その後はケガに見舞われましたが、3年目はリーグで5試合連続得点、カップ戦も3得点と活躍し、シーズン途中でウェストハムへ移籍します。
2011年2月6日バーミンガム戦でプレミアにデビューし、続くWBA戦で2得点、その後もリヴァプールやマンチェスター・Cなど7点を取りましたが、活躍実らず降格となりました。
11/12シーズンにニューカッスルへフリーで移籍し、ブラックバーンとストーク戦でハットトリックを達成。途中で入ってきた同胞P・シセとの2トップでチームをヨーロッパリーグ出場に導きます。2年目もトッテナムとの開幕戦で先制点を挙げて勝利に貢献し、9月には3試合連続で5得点を決めるなど、スアレスやファン・ペルシと得点王を争います。この活躍により冬の移籍市場でチェルシーと3年契約を交わしますが、リーグではF・トーレスの控えになりました。FA杯ではサウサンプトンやマンチェスター勢から4点を取って存在感を示しました。2年目はエトーの加入もありましたが、トッテナム戦で2点、チャンピオンズ・リーグのPSG戦での勝ち越し点と限られた中で結果を残しました。しかしディエゴ・コスタの入団が決まり、トルコに新天地を求めます。
2014年9月22日ブルサスポル戦でリーグデビューし、4試合連続と5試合連続ゴールを決めるなど18点を見せて復調を遂げました。チャンピオンズ・リーグのプレーオフではフェイエノールト相手にハットトリックを決めました。その後のヨーロッパリーグでも8試合で5得点と高い決定力を披露してチームをベスト16に導きました。
15シーズンに中国へ渡って7月11日天津泰達戦でリーグデビュー。1年目は江蘇蘇寧戦、2年目は石家荘永昌戦でハットトリックを決めました。
16/17シーズンはベジクタシュへレンタルされています。

2007年6月2日、翌年のアフリカ選手権予選タンザニア戦でセネガル代表にデビューし、初得点を挙げます。2012年大会では3試合で無得点に終わっています。
代表記録

※:セーヴル(フランス)
2012年12月4日:新規アップ 2017年6月9日更新