ハリル・アルティントップ(Halil ALTINTOP)
フルネーム ハリル・アルティントップ
国籍 トルコ  
出身地
生年月日 1982・12・8
身長 185cm
体重 75kg
利き足
ポジション FW(RWG)
FK PK PK
キャプテン経験  
代表デビュー 2005・3・30
ジョージア戦
代表背番号  
W杯メンバー  
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
00/01 ヴァッテンシャイト(ドイツ3部) 10 14
01/02 ヴァッテンシャイト(ドイツ3部) 10 34 14
02/03 ヴァッテンシャイト(ドイツ3部) 10 33 19
03/04 カイザースラウテルン(ドイツ) 19 27
04/05 カイザースラウテルン(ドイツ) 19 30
05/06 カイザースラウテルン(ドイツ) 19 34 20
06/07 シャルケ(ドイツ) 19 34
07/08 シャルケ(ドイツ) 19 25
08/09 シャルケ(ドイツ) 19 31
09/10 シャルケ(ドイツ) 19
09/10 フランクフルト(ドイツ) 19 15
10/11 フランクフルト(ドイツ) 10 34
11/12 トラブゾンスポル 9 34
12/13 トラブゾンスポル 9 27
13/14 アウクスブルク(ドイツ) 7 34 10
14/15 アウクスブルク(ドイツ) 7 31
15/16 アウクスブルク(ドイツ) 7 19
16/17 アウクスブルク(ドイツ) 7 31
17/18 スラヴィア・プラハ(チェコ) 27    
CFとして点を取るだけでなく、豊富な運動量、ポジショニング、状況判断力にも優れているため攻撃的なポジション全般で計算できる働きを見せます。

ドイツ3部ヴァッテンシャイトでキャリアを始めます。双子の兄ハミト・アルティントップと共に着実に結果を残し、03/04シーズンにカイザースラウテルンに移籍します。
8月9日ケルンとの開幕戦でブンデスリーガにデビューしますが、クローゼやチェコ代表ロクベンツの前に先発は厳しく、初ゴールも5月1日ボルシアMG戦となりました。2年目もヤンカーやギリシャ代表アマナティディスとの併用が多かったものの、3年目はデュイスブルク、ドルトムント、ヴォルフスブルクと3回もハットトリックを決めてランキング3位の20ゴールを記録しました。
06/07シーズンにシャルケへ移籍してハミトと再びタッグを組みます。クラニイの決定力を生かすべく自重しますが、1年目は6ゴールすべてでチームに勝ち点をもたらしました。2年目も優勝するヴォルフスブルクやダービーでの先制アシストやバイエルン戦の決勝点でインパクトを残しました。3年目もダービーでの決勝アシスト、フライブルクとバイエルンには終了間際に決定的な仕事を見せて勝ち点3をもぎ取る勝負強さを見せました。09/10シーズンの途中にフランクフルトへ移りますが、2年目はネットを揺らせず、チームも降格しました。
そしてトラブゾンスポルに移籍し、2011年9月10日マニサスポル戦にてプロ11年目にして母国リーグデビューを果たします。ブラク・Iというストライカーのサポートに徹し、チャンピオンズ・リーグではインテル戦で同点ゴールを決めました。
13/14シーズンにドイツに戻ります。ホッフェンハイムとハンブルク戦での1試合2ゴールなど2ケタを記録しました。2年目もパラグアイ代表ボバディージャと共存して3ゴール4アシストしました。ベンチスタートが増えた4年目はハンブルク戦で2ゴールを決めました。
17/18シーズンにスラヴィア・Pへ移籍しています。

U−18から各年代でプレーし、2005年3月30日ジョージア戦でフル代表デビュー。W杯予選は2006年と2010年大会で通算8試合2ゴールを挙げました。
欧州選手権予選は2008年と2012年で7試合1ゴールの成績を残しました。
代表記録

※:ゲルゼンキルヘン(ドイツ)
2017年9月27日:新規アップ