ジョン・アロイージ(John ALOISI)
フルネーム ジョン・アロイージ
国籍 オーストラリア
出身地 アデレード
生年月日 1976・2・5
身長 185cm
体重 80kg
利き足
ポジション FW(CF)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 1997・3・12
マケドニア戦
代表背番号 15
W杯メンバー 06年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル  
所属クラブおよび背番号 出場 得点
91/92 アデレードシティ
92/93 スタンダール・リエージュ(ベルギー)
93/94 アントワープ(ベルギー)
94/95 アントワープ(ベルギー) 16
95/96 アントワープ(ベルギー) 12
95/96 クレモネーゼ(イタリア) 22
96/97 クレモネーゼ(イタリア2部) 26
97/98 ポーツマス(イングランド2部) 38 12
98/99 ポーツマス(イングランド2部) 22 13
98/99 コヴェントリー・シティ(イングランド) 16
99/00 コヴェントリー・シティ(イングランド)
00/01 コヴェントリー・シティ(イングランド) 18
01/02 オサスナ(スペイン) 20 30
02/03 オサスナ(スペイン) 20 32
03/04 オサスナ(スペイン) 20 33
04/05 オサスナ(スペイン) 20 26
05/06 アラベス(スペイン) 22 33 10
06/07 アラベス(スペイン2部) 22 22
07/08 セントラルコースト・マリナーズ 12
08/09 シドニーFC 23 16
09/10 シドニーFC 23 21 
10/11 メルボルン・ハート 15 20
高さ、パワーを武器にペナルティエリア内で持ち味を発揮し、ゴールへの意欲も強いFW。欧州3大リーグ(イングランド、イタリア、スペイン)でプレーした最初の豪州プレーヤーです。

1991年に母国アデレードシティでプロデビューします。翌年から欧州に活躍の場を移し、ベルギーやイタリアと渡り歩いてキャリアを重ねました。
1998年に2部のポーツマスと契約。2年連続2ケタ得点と結果を残してコベントリー・Cへ引き抜かれます。ファーガソンやマカリスターら優秀なパサーがいたものの、度重なるケガに悩まされ本領発揮とはいきませんでした。とはいえ、ライバルのアストン・ヴィラや強豪マンチェスター・U、トッテナム、リーズなどから得点を奪ったことで、ファンからの支持は得ていました。
クリスタル・Pも興味を示していましたが、スペインのオサスナへフリーで移籍します。優勝争いとは無縁でしたが、1部残留に貢献します。その後のアラベスでもエースに君臨し、欧州のトップリーグで自身初の2ケタ得点をマークしたものの実らず2部に降格しました。
06/07シーズン限りで契約満了となって母国に復帰。2年目は8月8日ノースクイーンズランド・フューリー戦でハットトリックを達成しました。10/11シーズンを最後に引退しています。

1997年3月12日マケドニア戦にてフル代表デビューします。1998年W杯予選4試合、2002年W杯予選で5試合に出場したものの、いずれもプレーオフで敗退しました。コンフェデ杯は1997年大会で決勝含む4試合、2001年大会で準決勝含む2試合に出場しました。
2004年はオーバーエージ枠でアテネ五輪に出場して3得点。翌2005年コンフェデ杯ではグループリーグ敗退となる中、ドイツとアルゼンチン相手に2得点ずつ決めました。
2006年W杯予選はヴィドゥカの存在でサブとして7試合出場。ウルグアイとのプレーオフではPK戦で最後のキッカーとなり、確実に決めて32年ぶりの本大会出場に貢献しました。本大会では日本戦でダメ押し点を挙げ、決勝トーナメント進出を果たしています。
また、2007年アジア杯準々決勝でも日本から先制点を決めるも同点に追いつかれ、PK戦で敗れました。2010年W杯予選は1試合のみの出場に終わっています。
代表記録 55試合27得点
2007年7月21日:新規アップ 2013年8月31日更新