マヌエル・アカンジ(Manuel AKANJI)
フルネーム マヌエル・オバフェミ・アカンジ
国籍 スイス※  
出身地 ヴィーゼンダンゲン
生年月日 1995・7・19
身長 187cm
体重 79kg
利き足
ポジション DF(CB)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2017・6・9
フェロー諸島戦
代表背番号
W杯メンバー 18年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 15/16,16/17スイスリーグ
16/17スイスカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
13/14 ヴィンタートゥール(2部)
14/15 ヴィンタートゥール(2部) 25 33
15/16 バーゼル 16
16/17 バーゼル 36 15
17/18 バーゼル 36 19
17/18 ドルトムント(ドイツ) 16 11
18/19 ドルトムント(ドイツ) 16    
1対1や空中戦といった人への強さに巧さと速さも備え、メインのCBと右SBに対応します。素早い危機察知や読みなど、インテリジェンスも持ち合わせています。

ナイジェリア人の父親とスイス人の母親の下に生まれます。地元ヴィーゼンダンゲンで3年過ごして11歳でヴィンタートゥールへ移り、2014年4月26日ルガーノ戦で2部デビューします。続くアウェーのロカルノ戦では前半で2枚のカードを受けてシーズンが終わりました。2年目に主力に定着、アウェーのキアッソ戦で終了間際に得点を挙げてチームを敗戦から救いました。
15/16シーズンにバーゼルへ移り、9月26日ルガーノ戦で1部デビュー。1年目はチェコ代表スヒーやアルゼンチン代表サムエルと共に8試合出ますが、十字じん帯を傷めました。2年目はコロンビア代表バランタとコンビを組み、St・ガレン戦で2得点、グラスホッパーで先制点を挙げて連覇、カップ戦でも古巣ヴィンタートゥール戦で追加点を挙げて2冠になりました。
3年目も前半戦でリーグ戦18試合に先発。6試合に先発したチャンピオンズ・リーグでもベンフィカ戦で点を取り、マンチェスター・Uに次ぐ2位でグループリーグを突破しました。
冬にドルトムント史上4番目の高値で移籍し、2月2日ケルン戦でブンデスにデビュー。バイエルン戦こそ6失点しますが、11試合で6勝2分3敗と結果を残しました。

2017年6月9日のフェロー諸島戦で代表デビューします。翌年のW杯予選はこの試合含めて4試合に出場し、3勝1分で突破しました。本戦は4試合戦い16強になりました。
代表記録

※:ナイジェリア国籍もあり

余談
・ミドルネームは「王に寵愛される」という意味で、前腕に王冠を彫っています。
2018年1月20日:新規アップ 2018年7月9日更新