ジュリアス・アガホワ(Julius AGHAHOWA)
フルネーム ジュリアス・アガホワ
国籍 ナイジェリア
出身地 ベニンシティ
生年月日 1982・2・12
身長 178cm
体重 77kg
利き足
ポジション FW(RWG)
FK PK  
キャプテン経験  
代表デビュー 2000・2・3
モロッコ戦
代表背番号 17
W杯メンバー 02年
ニックネーム  
個人タイトル  
チームタイトル 99チュニジアリーグ
99チュニジアカップ
01/02,04/05,05/06,09/10,10/11ウクライナリーグ
00/01,01/02,03/04,10/11ウクライナカップ
所属クラブおよび背番号 出場 得点
96/97 ポリス    
97/98 ベンデル・インスランス    
98/99 エスペランス(チュニジア)    
99/00 エスペランス(チュニジア)    
00/01 シャフタール(ウクライナ)
01/02 シャフタール(ウクライナ) 17
02/03 シャフタール(ウクライナ) 10
03/04 シャフタール(ウクライナ) 17
04/05 シャフタール(ウクライナ) 17 15
05/06 シャフタール(ウクライナ) 17 14
06/07 シャフタール(ウクライナ) 17
06/07 ウィガン(イングランド)
07/08 ウィガン(イングランド) 15 20
08/09 カイセリスポル(トルコ) 29
09/10 シャフタール(ウクライナ) 17
10/11 シャフタール(ウクライナ) 17
10/11 セヴァストポリ(ウクライナ) 10
100mを10秒台で走るスピードはもちろん、両足からの正確で強烈なシュートやボールキープに優れた選手。脅威の運動能力は宙返りでのゴールパフォーマンスで一目瞭然です。

96/97シーズンにプロデビューを果たし、2年後にチュニジアのエスペランスヘ移籍します。そして翌99/00シーズンに国内リーグとカップの2冠を達成しました。そして00/01シーズンよりシャフタールでプレーし、翌01/02シーズンはクラブのリーグ初制覇に貢献しました。
2年間D・キエフにタイトルを奪われましたが、04/05シーズンに覇権奪回に成功。翌05/06シーズンにはプレーオフでD・キエフを下すゴールを挙げてリーグ連覇に貢献。欧州では04/05シーズンのチャンピオンズ・リーグで6試合で3ゴールを挙げたのが最高成績でした。
ウクライナでの安定したプレーにオファーが絶えず、06/07シーズン途中にウィガンに移籍しますが、エクアドル代表バレンシアの前にレギュラーになれず1年でトルコへ移籍します。
ここでまずまずの数字を残してシャフタールに呼び戻されますが、レギュラーに定着できずセヴァストポリへレンタル移籍します。しかしここでも精彩を欠いてフリーとなっています。

1999年Wユースではコスタリカとの初戦でゴールを挙げるなど、4試合戦ってベスト8に進みます。翌年のシドニー五輪でもCFヤクブらと共に攻撃陣をけん引、オーストラリアとの2戦目でゴールを決めてベスト8になりました。
フル代表デビューは2000年2月3日のアフリカ選手権モロッコ戦。大会では準々決勝セネガル戦で後半終了間際に同点ゴール、延長での決勝点などチーム最多の3ゴールを挙げました。翌2001年10月7日の日本戦では後半から途中出場して同点ゴールを挙げました。
2002年W杯予選は2試合戦い、スーダン戦でゴールを決めて本大会メンバーに入ります。そしてスウェーデン戦で大会唯一のゴールを決めました。
2006年大会予選は4試合で2ゴール挙げましたが、敗退しました。
代表記録
2007年2月3日:新規アップ 2013年9月5日更新